CINEMA!CINEMA!CINEMA!

asa206.exblog.jp
ブログトップ
2008年 08月 23日

アン・リー

ラスト、コーション

スコア選択: ★★★★★



過激な性描写が話題になっていましたが、
官能を通じて”生”を確かめ合う、
そんなシーンに仕上がっていました。

日中戦争を背景に、”生きること”
について肉体的性愛が用いられている。
それはとてもシリアスで切ない、
泣きたくなるほど悲しいシーンになっていた。



ブロークバック・マウンテン

スコア選択: ★★★




グリーン・デスティニー

スコア選択: ★★★
[PR]

by asaasa7880 | 2008-08-23 14:57 | 監督


<< ロードムービー 2  どちらも...      クシシュトフ・キェシロフスキ ... >>